利用する際に注意すべきこと

お金を借りるときあなたはどんな理由がありますか? 収入が低いため生活費として・急な冠婚葬祭で出費が多くなってしまった・娯楽や交際費に使いたい、など様々な理由があると思います。 生活を維持するためにお金を借りざるを得ない場合、ご両親やお知り合いの方に借りたことがあるという方は多いと思います。

しかし、もし無理だった場合は最終手段としてカードローンという選択肢があります。 カードローンを利用するにあたって不安に感じる方は少なくないと思います。 ドラマなどで見た高金利・高利息な貸付による理不尽な取り立てや一度借りたら抜け出せないなどといったイメージがあってネガティブなことが多いかと思います。 昔は、法律が曖昧で業者に有利なグレーゾーンがあったため高金利で貸付をし、利用者を苦しめてしまうような闇金業者が多かったんです。 現在は、法律的に高利息な貸付ができないように出来ていますのでそのようなことはなくなってきました。

ローン業界がクリーンになってきたからといって、安易に借りようとはせず、まずはそれ以外に方法がないのかしっかりと考えてください。 それでもお金を早急に用意しなければならない場合があるかと思います。そういった場合のみ利用する事をお勧めします。

お金を借りるさい、何点かご注意していただきたいことをご紹介しますので、参考にしていただければと思います。

  • 目的をしっかりと決める

目的を決める事は非常に重要です。何に使いたいのか、必要な事なのかを考えて借りる事を意識してください。 意識もなく借り続けてしまうと、ダラダラと返済期間を長引かせてしまう原因にもなりかねません。期間が長引くという事は、利息も上がり返済金額も多くなるという事を覚えておいてください。

  • 返済計画を立てる

計画を立て、守る事は早期の完済につながります。 ご自身の収支を把握し、無理・無駄のない返済を続けましょう。 早く返したいからといって、無理な返済をしてしまい生活苦になってしまっては本末転倒です。

  • 自身にあったキャッシング

カードローンには銀行系と消費者金融系があります。 銀行系は消費者金融系よりも金利が低いとされています。金利が低ければ返済の総合金額が大幅に違ってきます。 しかし、銀行系は審査が厳しいところが多い、初回御融資までに時間が掛かる銀行もあるので時間に余裕のない方には向いていないかもしれません。

消費者金融系は、審査が通りやすく融資までの時間が早いところが多い、◯◯期間無利息などキャンペーンを行っているところがあるので利用者には借入しやすいかと思われます。 しかし、銀行系よりも金利は高いところが多いので注意が必要です。

  • 契約先を決める

契約する前に必ずよく調べてからにしましょう。 大手の企業だから安心! とりあえず貸してくれるならどこでもいい! など安易に決めず、借りた後に少しでも負担が少ないうように、信用できる企業なのかをリサーチしてからでも遅くはないはずです。

以上のことを踏まえて、有意義なカードローンライフを送っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


おすすめ記事

カードローンを学ぶコンテンツ

関連リンク

  • 浮気調査 名古屋

    名古屋で浮気調査の依頼は前田龍生探偵事務所。浮気の確実な証拠が欲しい・・・、裁判で絶対に勝ちたい、慰謝料をもらって有利な離婚がしたい、浮気相手に賠償請求したいなど離婚をお考えの方は是非ご依頼ください。確実な調査力と、安心の明朗会計で安心・納得を提供しています。

    maeda21.com/