カードローン今後の利用の仕方

カードローンは便利ですし、急な対応、または、複数あった借入を一社にするおまとめローンとして利用されている方がいらっしゃるかと思います。 銀行系カードローンですと、年収の3/1規制に当てはまらないので、審査によっては高額の融資を受けられるかのせいもあるので、消費者金融系ではなく銀行系を選んだという利用者も少なくありません。

9月1日に金融庁の異例の記者会見を行ったのはご存知かと思います。

会見の内容は、銀行系カードローンの「高額融資」について立ち入り調査を行うというものでした。近年、銀行の融資限度額は年々増加しており、その反面、利用者の年収などを顧慮していない高額融資が多重債務者の増加を助長しているのではないかという批判が増えています。

調査内容は、過剰な宣伝による高額融資を促すような表現をしていないかや、利用者の年収などを考慮した審査・融資がなされているか。 利用者の年収や返済能力を無視した融資をしている事案が多数発見した場合は、法改正の可能性もあるとのことです。

国会では、度々、議題に挙がっていただけに今回の金融庁の本気度が伺える会見となっていました。

銀行系カードローンは、貸金法の総量規制の対象外ですので専業主婦やアルバイトの方にも幅広く利用しやすいのが特徴で、審査次第では融資を受けることができます。しかし、返済能力の低い利用者が融資を受け、返済のための、借金を繰り返し多重債務者になってしまったという事例はよく耳にすることです。

もちろん、おまとめローンも同じ結果を招く可能性があります。

多重債務者の救済のために作られた商品で、複数あった借入先を一つにまとめることのできますし、金利が低いため利用を考えている方も少なくありません。おまとめローンも金利が低いと安心してダラダラと返済期間を延ばしていると、金利が上昇し返済が困難になってしまうこともあるのです。

これから、銀行系カードローンは、調査結果によっては限度額の引き下げや審査レベルを上げてくる可能性があるので、「以前に比べて借り入れしづらくなった」と思われる利用者が多くなるかもしれません。

今後の動向を見た上で、利用の仕方を慎重に考えていきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


おすすめ記事

カードローンを学ぶコンテンツ

関連リンク

  • 保温工事 防熱工事

    長崎の船舶・プラントの保温工事・防熱工事ならワークマーケティング。全国からの依頼に迅速対応。どこにも負けないスピーディーさとクオリティの高さで納得の工事を提供しています。

    www.workmarketing.jp/