ブラックにならないために

カードローンの利用でブラックにならないためにはいくつかのことに注意が必要です。まずブラックというのを正確に理解しておくことが必要ですが、これは信用情報機関に事故情報として登録される事態を指します。事故情報が登録されれば、信用できない人物として認識されることになり、カードローンの利用など金融機関との取引ができなくなってしまうのです。

ブラックに認定される原因はさまざまですが、多いのは延滞などの金融事故を起こしてしまうことでしょう。延滞は金融機関にとってはリスクですので、その情報はすぐに登録され、加盟している金融機関で情報が共有されます。ここで注意が必要なのはカードローンの支払いによるものだけでなく、たとえば携帯電話料金の延滞でも信用情報機関に登録される場合があることです。

最近はスマートフォンなどの購入に分割払いを利用している人が多く、その支払いは携帯電話料金と一緒に行っています。つまり電話料金の支払いを延滞すれば、端末の分割払いの支払いも遅れることになり、金融事故として認定されてしまうのです。

延滞以外では債務整理も金融事故して登録されます。また一度に多くの金融機関にカードローンを申し込むのも、それだけで信用できない人物とみなされ、ブラックリスト入りしてしまうので注意が必要です。

カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを学ぶコンテンツ

サラリーマンにおすすめのカードローンランキング

  1. Mr.カードローン

    1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

ためになる記事

関連リンク

  • ドライバー派遣

    ドライバー派遣をお考えなら、エクスプレス・エージェント。ドライバー不足でお困りの企業様も、季節・景気に応じた人材の活用をお考えの方も、是非ご相談ください。

    www.ex-agent.co.jp/