カードローンのブラックの定義と解除方法

ブラックリストに載ってしまうとカードローンの審査に影響してしまい、審査で落とされてしまうことがあり、審査で落とされてしまったという方はブラックリストに載ってしまっている可能性が高くなります。

正確にはブラックリストというリストは存在せず、個人信用情報と呼ばれるものがあり、こちらに返済の滞納などをしてしまった方が記録に残ることになり、記録に載った方が一般的にはブラックリストに載ると表現されています。

ブラックリストに載ってしまう原因としては、3ヶ月以上の支払いの遅れが生じてしまうと記録として残ってしまうとされています。また、3か月以上でなくても何度か返済が滞ってしまった場合も記録として残ってしまう場合もあります。
他にも債務整理を行った方も記録として残ってしまいます。
このブラックリストに載ってしまった方は、新たにカードローンを申し込みすることが難しくなってしまい、それを避けるためにブラックリストの解除ができないのかと思う方もいるでしょう。

自力で解除するという方法は無く、記録として残る期間も定められているため、そちらの期間を待つしか方法はありません。
返済を滞納してしまった方ですと、5年程度記録に残ることになり、債務整理ですと、任意整理の場合は5年程度、自己破産や個人再生の場合は10年程度記録に残ってしまうことになります。

カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを学ぶコンテンツ

サラリーマンにおすすめのカードローンランキング

  1. Mr.カードローン

    1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

ためになる記事