限度額の仕組みについて

銀行や消費者金融のカードローンの広告で、金利と共に大きくアピールされているのが借入限度額です。

特に銀行のカードローンは金利の安さと並んで借入限度額が高額であることが最大の魅力ですので、ことさらにアピールされているのを見かける人も多いでしょう。

利便性が高いうえに高額のお金を借りられることに魅力を感じない人はいません。

カードローンを利用するきっかけとなっても不思議ではないでしょう。

もっとも広告でアピールされている高額の借入限度額、じつはすべての人が利用できるわけではありません。

最大で数百万円とされている商品でも、実際に適用されるのはもっと低い金額になるのは珍しいことではないのです。

もちろん広告が嘘をついているわけではなく、実際にその金額が利用できる可能性もあります。

ただしそれは審査の結果、それだけの金額を貸し出しても大丈夫とみなされた人たちだけです。

カードローンの限度額は、申込者の与信を厳正に審査した結果、金融機関が貸し出してもいいとみなす金額を設定します。

つまりは審査の結果次第なのです。

広告に掲載されている金額が一律に適用されるわけではないことは覚えておかなければいけません。

ただし審査を経て定められた金額は信用力の高まりとともに増額されることもあります。利用と返済の実績を積み重ねれば、金融機関側から案内があるでしょう。

カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを学ぶコンテンツ

サラリーマンにおすすめのカードローンランキング

  1. Mr.カードローン

    1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

ためになる記事