銀行カードローンの比較ポイント

最近はメガバンクやネット銀行、地方銀行、地元の信用金庫に至るまで数多くの銀行が個人向けのカードローンサービスを実施しています。銀行カードローンを比較する際は、金利、返済方法、金利以外の特典をチェックして選ぶようにしましょう。

金利は重要なチェック項目のひとつです。銀行カードローンを比較する際に、公式サイトには最高年率と最低年率の両方が記されています。カードローンは限度額が低いほど金利が高くなります。

逆に最低年率が適用されるのは最高限度額を利用した時に限られます。銀行カードローン利用者の大半は30万円以下の少額融資を利用しているので、金利を比べる際は最高金利の方に着目する必要があります。

多くの銀行では最高金利が年率14%台に設定されていますが、営利企業ではない信用金庫であれば12~13%と低めに設定されている場合があります。

カードローンを利用する際は返済方法もチェックするようにします。銀行カードローンは口座からの引き落としがほとんどですが、ATMで簡単に繰上返済ができるローンもあります。他の条件が同じであれば、柔軟に返済ができる方を選ぶようにしましょう。

銀行によってはカードローンや給与振込などで銀行サービスを利用すると、ATM手数料無料サービスやローン金利が優遇されるなどのサービスが付く場合があります。カードローンを利用することで受けられる特典についても比較することができます。地方銀行では、住宅ローンを利用している人向けの優遇金利が適用されるカードローン商品もあります。

銀行カードローンを選ぶ際はローン商品の条件だけではなく、預金者向けのサービスや特典もチェックするようにしましょう。

カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを学ぶコンテンツ

サラリーマンにおすすめのカードローンランキング

  1. Mr.カードローン

    1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

ためになる記事

関連リンク

  • 有料老人ホーム

    老人ホーム探しならケアプロデュースの有料老人ホーム情報館。お客様満足度95%。認知症・要介護3以上の方も安心。有資格者による安心の相談。提携施設数4,000件以上。安心して過ごせる施設探しをしませんか?

    www.roujin-homes.jp/