解約方法

カードローンは、契約を一度結べば、解約をするまで自由に限度額の範囲で使い続けることができます。

返済をすれば、その分枠が回復し、再度の借り入れも可能です。

契約は、多くは1年から5年の範囲となっていますが、自動更新が原則になっているため、途上与信ではねられない限りはずっと使い続けることも可能です。

ただし、カードローンの完済後、そのまま会員としての資格を持ち続けることはデメリットもあります。

それは、いくら借り入れをすることができるのかという与信情報が、ずっと信用情報として残ってしまうことです。

これがあれば、住宅ローンや自動車ローンなどを組む際にマイナスとなることが多いです。

そのため、今後は一切使うつもりがないというのであれば、カードローンは解約をしてしまった方が良いです。

解約をしたとしても5年間は信用情報が残るため、するならばなるべく早く手続きをした方が良いでしょう。

解約の手続きについては、各カードローンの業者によって異なりますが、店頭や電話、インターネットで申し出る仕組みになっていることが多いです。

ホームページを見れば大体書いていることですし、わからなければ電話で問い合わせれば教えてもらうことができます。

カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを学ぶコンテンツ

サラリーマンにおすすめのカードローンランキング

  1. Mr.カードローン

    1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

ためになる記事