実質年率とは?

カードローンの実質年率というのは、すなわち商品説明ページに表記されている年利のことを言います。

消費者金融のカードローンでは、実質年利で表記することが義務付けられているので、基本的にはこの問題は気にする必要はありません。

実質年利というのは、事務手数料などもすべて含めた年利のことです。例えば、金利が10%と書かれていても、事務手数料が別でかかってしまったら、実際の負担は年利が20%を超えてしまうかもしれません。

それでは利息制限法で上限金利が定められている意味がないといった理由で、貸金業法では、カードローンは実質年利で表記するものと定められています。すなわち、手数料などもすべて含めて、金利以外の負担はないということです。

昔は高額な保証料や手数料をとる消費者金融も存在しましたが、現在では貸金業法によって禁止されています。

金利以外の手数料や保証料をとるという業者があったら、悪質な業者である可能性があるので、注意をしておきましょう。

銀行カードローンの場合には、そのような定めはないため、保証料や手数料が別途かかることがあります。

しかし、現在では銀行カードローンでも、実質年利で表記されているケースがほとんどになるようです。

カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを学ぶコンテンツ

サラリーマンにおすすめのカードローンランキング

  1. Mr.カードローン

    1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

ためになる記事