投資資金を借りる前の準備

借り入れの目的が投資資金を確保するためである場合、借りる前にしっかりと準備をすることが大切です。準備を怠るとせっかく借りた投資資金が全くの無駄になる可能性があります。

まず投資計画を作成します。個人で投資を行うのであれば、株式や為替、不動産などの投資分野を問わず、投資対象や投資する金額および投資規模、予想利益などを投資計画としてまとめるのです。カードローンなどで資金を借り入れたとしても、明確な投資計画がなければ投資先を探している間に金利が積み重なり返済が難しくなるか、安易に投資先を決めてしまい結果として損失を出すことになります。投資資金はそのお金を元手にしてさらにお金を増やすためのものです。事前に計画を立てることは必須です。

また、返済プランを考えておくことも大切です。投資をして得た利益のうち、どれだけの額を返済に充てるのかを決めておくのです。これは金額で決めるのではなく、パーセンテージで決めておくべきです。金額で決めてしまうと、その金額に満たない利益が出てた場合は1円も返済できません。しかし、利益の30パーセントを返済に充てると決めておけば、利益の大小に関わらずわずかでも返済することが出来るのです。

カードローンのおまとめランキング

  1. No.1住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行

  2. No.2千葉銀行

    千葉銀行

  3. No.3三井住友銀行

    三井住友銀行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを学ぶコンテンツ

サラリーマンにおすすめのカードローンランキング

  1. Mr.カードローン

    1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

ためになる記事